がんばるお嬢様。

我が家のお嬢様の奮闘記と我が家的わんこ感。

'17.9.20 毎日を大切に。今が奇跡、と思って過ごさなければ。

f:id:akeyan:20170921002037j:plain

おはな、かわったね~。
そうなの。すぐに痛んでしまうからね。
これでまたしばらく楽しめるよ(^^)

今日は通院日。
検査項目を増やして検査をしました。
そしてエコーも。

血液検査、アミノ酸点滴とホルモン注射を行うので、その事前検査。びほー、ってやつですね。
いくつかは外注項目で結果が後日になるものもあるのですが、院内検査でわかるものは説明を受けてきました。

結果、BUNは少し下がってました。タンパク制限を厳しくしたのがきいたかな?
でも、CREが上がってた(--;。
このあたりは、もう、いつもこんな感じで動いているので、食べているものあたりで数値に変化がでるのでしょう、との事。

で、ですね。
いつも、CRPという炎症反応は確認しているのですが、膵炎に関するチェックはされていなかったので、今回追加しましたら、とても高かったんです、かなりショック。
CRPも上がってたので、こちらも体調で変化するかもしれないのですが、あまりの数字にちょっと・・・。

ところが、お嬢はといえば、お腹が痛いという風でも無く、どこかが辛いふうでもなく、しっかりごはんを食べて、はしゃいで吠えて。検査結果見ても信じられない感じなんですよね。多分知らなければ病気だなんて誰も思わない。
様子に大きな変化がなくて、ここ数週間比較的安定していることもあり、先生も悩む所ではあるようですが、今日の所はごはんも処置も現状維持。
ただ、膵臓系の数値は検査項目増やさないとだな(--;

と、かなりショックな事はあったのですが、新しい治療への事前検査項目としては、実はあまり悪くなかった、という(^^;
貧血はやっぱりじわっとあがってるし、アルブミンもぎりぎりではあるけど、基準値に入るくらい。
とはいえ、まぁ全然大丈夫~♪なんて言える数値ではないので、一度チャレンジはしてみることにしました。
これで改善されるようなら、タンパクコントロールはしやすくなるし、ということで。

ちなみに、カルシウムとリンも基準値の上限ぎりぎりですが、枠内に収まっていました。

膵炎は慢性化決定なので、これからも注意しないとだし、ご飯も脂質はできる限り落とさなければ、なのですが、総合すると、手作りご飯はそこそこコントロール出来てる、と思っていいのかな?いいのかな??

脂質を落として、タンパク源は管理しやすく、エネルギー源も調整しやすく。
と、試しているのですが、ざっくりだけどどうにかなってるのかな?

そして、体重も2.6キロから2.7キロへ増加。
これは前回そうだったのでやってみたら当たったのが、米。
おもゆ風を入れたのが効いている気がする。
実は、前回2.8キロになったときも、数日コンスタントにおもゆ風を入れたんです。
ほんのちょっぴり。小さじ1/2くらい、もっと少ないかな?
ですが、お嬢にはエネルギー源としてどうもかなり効果があるような気がして。
お芋系だけだと落ちちゃったんだよなー<前回
消化の負担にはなるので、少量ですが、やはりお米はエネルギー源として外せないようです。

今回の事で、お嬢は検査数値は日常的に動く物だと思う事にしました。
体調に大きな変化が無く、安定しているのに、ここ数週間でも変動しまくってるんで;;

だからと言って、安心は絶対に出来ないし、油断はもちろん禁物。

どう考えても数値は悪い。
辛くないはずが無いのに、お嬢は表に出てこない。
なら、常に気をつけて、私達が少しでも早く対処出来るようにしないと。
改めてそう思いました。

膵炎の数値を見たとき、愕然としました。
今、元気そうに、いつものように過ごしているのは奇跡なんじゃないかと。
そう思うと、今は私達にとってはボーナスをもらっているような時間かもしれない。
なら、この時間は大切に大切に過ごさなければ。
少しでも長く、続くように。
そう、改めて感じました。

今日はお嬢のご飯の仕込みを長時間にかけてしていました。
その間、お嬢はずっと私の方を気にして、ごはん?ごはん?おいしいのできる~?とうれしそうにそわそわして。
かなりの時間だったので疲れただろうに、辛いだろうに。
ずっととっても嬉しそうにキッチンを見ているんです。
今までなら当たり前の事でしたが、今はそうじゃないことを私達は知ってしまった。
なら、少しでもお嬢の期待に応えて上げないと。
お嬢にもっともっと喜んでもらわないと。

悩みが尽きない毎日でも、悩める時間があることがありがたい事。
毎日が奇跡。そうか、でもお嬢だけじゃないかな?
あたりまえ、なんて思っているけど、今みんなでこうして毎日を過ごせているのだって奇跡なのかもしれないもんね。

大事に過ごしていかないといけないよね。
お嬢、明日も沢山笑ってくれるかな(^^)?

温活。

f:id:akeyan:20170920135713j:plain

おニューのおふとん~?
そだよ(^^)。涼しくなってきたからねぇ。
これでこの冬はぽかぽかできるかな?

先日の週末、お買い物に行ってきました。
お店は車椅子でお世話になっている所です。

芦屋バディーズ さん。

www.pet-kaigo.com

こちらは車椅子のみならず、介護用品を広く取り扱いされています。
とにかく!お店の方がとても親身になってくださる!
とても細やかな心配りをしてくださいます。

こちらのお布団。車椅子購入時にちらしを入れてくださっていて、気になっていました。
と、いうのも。
お嬢、鍼の先生に足が冷たいことを指摘されています。(マッサージやってますが)
実際、入院前で不調そうな時も、とても手足が冷たいし、体温すらとても下がっているんじゃないか?と感じる事が多かったんです。

現在お嬢は内臓疾患を持っています。
内臓に掛かる負担が大きくなってくると、どうしてもそちらが活動する場合、動かす為のエネルギーが内臓へ優先して持っていかれるので、体温や末端への血流が落ち、結果、体温もうまく上がらなくなるのは、と。
これは、私自身がその傾向があるので、同じじゃ無いかな、と。
しかも貧血なので、余計なんですよ。

それでなくても、年齢を重ねるということは、元気であってもそういう兆候は出やすいでしょうからね。

なので、お嬢にも温活していただこうかと(^^)
私も完璧じゃないけどやってますよ~。冷え取り靴下とか、白湯を飲む、とかお湯につかる、とかね♪

今回GETしました商品は、遠赤外線効果のある素材が布団の中に入っていて、じんわり身体を温めてくれる、との事。
実際、伺ったとき、私がしばらく膝に掛けて試させて頂いたのですが、ぽっかぽかになってきたんですよー。(正直、私も欲しいです;;)

毎日の事なので、これで少しでも冷えを緩和させてくれればいいなー、と思います。
冬はいつも色々思うんですが、なかなか良い対応策が取れていませんでしたしね。

芦屋バディーズさんは、介護専門だけあって、色々な知識もお持ちの様子。
お客様がそもそも必要とされている方に限定されますからね。
お店に伺うと、他のお客様と同席させて頂くこともあるのですが、皆様色々お悩みになりながらも、家族を思って何か出来ないか、と模索されている方ばかり。
そういう方々や、お店の方の経験などを伺うと、本当に勉強になる事ばかりです。
そして、ちゃんと良い物を良い形で届けようとしてくださっているように感じます。

ペット介護という特殊な扱いの為に縋る気持ちで訪れる方、問い合わせをする方はとても多いようです。私達もその一人。
でも、少ない人手で、それでも親身になって対応してくださろうとしています。

介護や看病、病気・けが、そういった物への情報はまだまだ本当にペットについては少ない。
こういうお店があることは、本当にありがたいことだと感じています。

また、お嬢と一緒に伺いますね。
お店で車椅子に乗るのがすごく楽しいようで、ご機嫌で動くんですよ、お嬢。
お願いだから、それ、普段のお散歩でもやってみて(TT)

お嬢も大好きなお店、これからもお世話になります。
そして、ぽかぽかになって、少しでも元気になろうね♪

'17.9.19 久しぶりのカート散歩。

f:id:akeyan:20170919233546j:plain

私のおいしい、ありますか?
あるある、お弁当(^^; でもちょっとお買い物させて~;;

お天気も回復。
気温はそれなりに上がりはしたけれど、湿度が下がってきているので、一時期のような暑さは無く、カート散歩復活。
今まで流石に暑すぎてカート押して歩く気力がありませんでした(TT)
ここち良い風もあったので、お嬢も保冷剤なしで。
快適そうに前を向いて風を受けていましたよ~。
いつもカート散歩で立ち寄るお店にお邪魔して、お嬢も楽しそう(^^)
それなりにお散歩楽しんでくれたみたいです♪

今日は時間がおかしくはあったのですが、5回ごはん。
4回にするか、5回にするか、ずっと悩んでいます。
朝、しっかり起きていてくれるなら朝からで5回に、とは思うのですが、週明けや不調な時など、疲れていたり、辛い時は朝ががっつり寝ています。
今までも、朝はご飯を出しても食べない事が多かったんです。

そんな事もあり、お昼から3時間刻みで4回にしているんですが、小分けにしてから満足感を感じないのか、台所へ立とうものならごはんですか?、私がごはんを食べようものなら、私のもありますか?と催促視線がすごいんですよ(--;
ごはんを上げた直後とかだと(私が後になる事が多いので)、ちっちゃくしたクズのようなジャーキー(干し肉・干し魚)を1,2つ、上げてもうないよ、とすると一応落ち着くのですけど、う~ん。

5回にする方がカロリー摂取の機会は増えるので、体重はキープしやすくなるとは思うんですけど、4回でも今配分を悩んでいたりするので、どうしたもんかなぁ、と。
ただ、今日、最後のごはんは動物性タンパク質を入れず、野菜(芋系入り)ペーストと野菜スープでも食べてくれたんですよね。<お気に召さないと食べなさそうではあるんですが;;;
小分けの量配分、どうしたもんかなぁ(--;;?

一日の食事量、早く見極めないと;;

道具を使って、手間を減らす。そして、負担を減らして栄養に転嫁する。

f:id:akeyan:20170919001439j:plain

こちらはおかゆもどき(^^;
普通に炊いたごはんですが、粒のままだとお嬢食べないので;;
なら、ペーストにして混ぜたらどーよ??と、試してみたらいけたいけた♪
というわけで、こちらもストックを。

わんこは肉食。という考えと、長く人と寄り添う中で、雑食に対応できるようになった、という考えがあります。
けど、わんこは動物性たんぱく質が一番消化吸収が早いことは間違いないようです。

野菜などは、捕食した動物を食べる際、内臓等に捕食した動物が持っていたものを食べる際に同時に取得していた、という考えがあります。
なのでね、野菜なんかは消化された状態に近いほうが消化の負担は少ない、という考えがあって、ペースト状やジュース状にする事を選択の一つとしました。

これらの事から、炭水化物がわんこには不要だ(捕食動物が炭水化物の食物を摂取しなかっただろう、という事かな?)という考えがありました。
そして、そこも由来しているのか?炭水化物、特に穀物は消化に一番時間がかかる、とも。

元気なわんこさんはそれでOKなんですよ。やっぱりお肉って食いつきいいんですよねー(^^;。お嬢は他は咀嚼するのに、お肉だけは丸のみだったし(--;
お肉食べてれば、必要な栄養も基本とれるようにわんこはなっているんでね。
けど、今のお嬢はそのお肉や動物性たんぱく質は体調に悪影響を及ぼす。

腎不全は、たんぱく質を分解する際にでる排出物をうまく体外に排出できなくなって、血中に流出してしまい、それが毒素となって体内を巡ってしまう。
それを少しでも軽減するため、たんぱく制限という事を行います。
これね、たんぱくだけで、脂はOK。お肉の脂部分はたんぱく質少ないんですよ。
なので、腎不全だけならたんぱく量を管理しつつ、お肉やお魚の脂質の部分を摂取することは可能。

なんですが、お嬢は膵炎発症歴ありになってしまった。
膵炎は何より脂質が大敵。今はおそらく治まっているだろうけど、再発の危険はあるし、再発して、他の臓器に影響が出てしまうと一気に悪化してしまう可能性が高い。

というわけで、膵炎やっちゃうと、病院の先生の第一観察は膵炎になります。
注意ももちろん一番が膵炎。食事なども膵炎への対処が最優先。
なので、お嬢は脂質は極力抑えなければなりません。

こうなると、今のお嬢のカロリー源をどーするの?って話。
脂質の他でカロリーの高いものは糖質・炭水化物。
んじゃ、糖質は?果物とか?それは適量はいいんですけどね、誤ってとりすぎると結局腎臓への負担になり、悪化させてしまう可能性が。
というわけで、炭水化物が最後に残るわけです。

炭水化物にはたんぱく質や糖質が含まれています。
動物性たんぱく質以外からのたんぱく質は、吸収されにくく、毒素となってしまうものが多くなります。また、糖質も多くとりすぎると先の記述と同様、負担になる。
そして、消化・吸収・排出に時間がかかる。
となると、とらざるを得ないのであれば、できるだけ負担を減らすために少しづつに。

これは結局たんぱく質摂取も同じことなので、現在お嬢は日に4回の食事。5回にするかも検討中です。
なら、ちょっぴりづつでもそこで入れれば少しでもカロリー摂取できるはず。
そして、負担もちょっとは抑えられるはず。

そんなわけで、少しでも消化の負担を軽減できるように少しお湯を足してご飯をつぶして重湯風に。それを小分けにしてみました。今回は4g/個。
これをすべての食事に1つづつはさすがに負担かなー;;と思うので。
玄米をぽんせん状にしたものを砕いてお湯にひたしたものや、じゃがいもやサツマイモなどの芋系からのエネルギーと併用することにしました。

で。この作業。お嬢だと、少しでも結構できてしまいます。
少量のものは普通のミキサーやフードプロセッサーだとうまく細かくならなかったりペースト状にできなかったりするんですよ。羽が空回りしちゃうんです(TT)
ですのでね。

こちらをGETしてみました。
というか、退院直後お嬢が全く食べなくて、シリンジ強制給仕が必要かも、と思ったときに購入しました。

今、とてもこれに助けられています。
みじん切りもジュースやペーストにするのもあっという間。
お肉もミンチにすぐできちゃう!(赤身だけとかミンチだと買えないのでねぇ;;)
そして、少量でもちゃんとできる♪

パーツが結構あるので、それなりに嵩張ります、実は。
それでも日々の事なのでこれで時間が短縮できるのは大きい!
そして何より、パーツそのものも普通のジューサーやフードプロセッサーよりはるかに小さい(これでもね)ので、洗うのも楽なんですよ~。

なので、この重湯風も、炊いたごはんに少しお湯を足して、あっという間に出来上がり。小さなボールに入れてやってみましたが、飛び跳ねもなくて優秀でした~♪

そして、小分けするものに使っているのはシリコンのお菓子用の型。
製氷皿も使うんですが、結構外しにくいし、嵩張るんですよ(--;
これは凍ったら外せば嵩張らないし、外すのもシリコン素材で凍ったまま作業しても綺麗に外せました。きっちり型に納めなくても、少量を適当に入れてもうまく外せましたよ~。
こちらは100均(セ○ア)でみつけました。他のお店は何件か回りましたが、いいサイズが見つからず。

シリコン型は製菓道具としてはあるんですが、ちゃんとしたもの買うと結構お値段しちゃうんですよ;;;
まずは試してみたい、だと、なかなか手が出しづらい;;;
なので、100均で見つかるものは非常に助かるし、試しやすいのでありがたいです。
ケースの保管も割合小さくて薄いので、しやすいかな?と。

ごはん素材のストック方法は今本当にいろいろ試しています。
少しでも楽にできるように。だけど管理しやすいように。
続けるために。
そのためにはある程度道具を利用することは必要なことだと思っています。
出費はしちゃうんですけどね(^^;
でも、日々続けていくことですからね。

こんな、日々に我が家で活躍してくれている道具も、使い方などと一緒に記していけるといいかな?と思いました。

そしてこれからも色々試していきたいと思っています。

'17.9.18 試したい事、守りたい事。

f:id:akeyan:20170918222725j:plain

何するの?
ちょっとお話しするの。つき合わせてごめんね;;

先週の一コマ。
新しい病院へ、少し話を聞きたくて行ってみました。
お嬢の事だけど、お嬢は同伴しただけ。
検査結果などを持参で行ったので、特にこちらで検査もなし。

お嬢は現在、主治医がいて、その指導のもとで生活をしています。
腎臓病と膵炎、気管支炎、膝蓋骨脱臼などを持ち、他にも注意が必要なものがいくつかあります。
基本の治療は週3回の皮下点滴。投薬は腎不全対処のための、カリナールというサプリを2種類。あとは週1回の血液検査で経過観察し、それに伴い、食事のコントロールや投薬などを相談しながら判断頂いています。

そして、そのほかに、東洋医学をメインとする病院にもかかり、そちらの先生に鍼治療と漢方処方を受けていて、そちらは膝蓋骨脱臼に伴う痛みや筋肉の萎縮等を中心に見てもらっていて、漢方が気管支炎への処置。

この2件の病院での内容は、両病院の先生には伝えています。

そして、今回、また新たな病院へ。
もちろん、主治医を変える予定はありません。
ただ、ごはんを食べているお嬢に対して、今の病気はなかなか元気になるものをあげられない。
あげると即、血液検査の結果や体重に悪影響が反映する。
色々なHPやブログ、本、調べられることは見てみたけれど、素人の私では限界があるし、主治医の先生も手作り推進というわけでもなく、結局同じような結果に。

以前、知人に聞いたブログがあり、ずっと拝見していて、それが今回相談に伺った病院の先生。治療と食事では限界がある。けれど、なんとか少しでもお嬢に体力をつけさせたい。その力になれば、と。

腎不全由来の疾患はいくつかあるかと思いますが、代表的なものは、ホルモンの一種の分泌が悪くなり、貧血状態になること。お嬢も現在そうです。
発見したとき、元の担当医の先生より、その対策でのホルモン注射を試みましたが、あまり反応が出ず、中止し現在にいたります。

実は私自身がひどい貧血により、昨年倒れてしまいました。
振り向くだけでめまいがし、自宅の階段を一階あがるだけでもかなりきつく、普通に歩くことも不安になるくらいの状態でした。
きっと、今のお嬢はそのころの私よりは元気そうには見えますが、つらいことには変わりないでしょう。

血液は体をめぐるもの。その流れにのって、多くの体を作る栄養素が運ばれます。酸素もそうだし。
だけど、貧血だと流れる力が弱くなり、栄養素を運ぶ力も下がってしまう。
それでは折角とっている栄養も、結局有効に運ばれないし、活用されない。

そこで、それを少しでも改善し、さらに、少ない栄養素でも効率よく吸収させて、少ない食事量や栄養素でも、体を作ることへの作業効率を上げよう、という考え。
栄養素の吸収をUPさせるためにはアミノ酸アルブミン)の血中濃度を上げる事で、目的の作用を促していく。
と、いう風に、私は解釈しました。

そのための対策は、
貧血 ホルモン注射を再開し、少しでも改善に。
   サプリメント ヘム鉄 を飲み、こちらでも貧血改善を目指す。
栄養 アミノ酸を強制接種することで、栄養吸収のUPを目指す。
   アミノ酸を静脈点滴。
   アミノ酸系のサプリを飲み、こちらでもアミノ酸の摂取を目指す。
というもの。

このうち、サプリメントは自宅で飲ませるものなので、私たちの努力でできますが、注射と点滴は病院でないと無理。しかも頻度も結構ある。
そこで、主治医の先生に相談してみてください、という事でした。

上記をすべて、前回の受診の際に主治医の先生に伝え、検討しますとの返事をいただきました。ホルモン注射は前回トライしたものと違う種類のものがあるので、そちらで試してみましょう、とのこと。
ただし、このホルモン注射、使い続けると抗体ができてしまうタイプのもので、いずれ効かなくなるし、使い続けるものではない、とのこと。
反応が出るのに2~3週間かかるという事なので、それを目途にして、やってみよう、という事になりました。

そして、アミノ酸点滴に関しては、量等の指示まで私たちは受けなかったこともあり、主治医の先生が相談に行った病院へ問い合わせをかけてくださり、治療目的、方法、処方等の見解を確認してくださったそうです。

ここまでしたうえで、主治医の先生は他の獣医さんにも数名意見の問い合わせをしてくださったそう。ただ、ちょっと特殊なアプローチでご存じの方はやはりなし。
ただ、基本、栄養素なんで、危険はおそらくないだろう、との結論に至ったようです。

こんな経緯で、点滴開始の確認がありましたので、お願いしました。
ただ、血液検査をもちろんしながら。悪い動きやお嬢の具合がおかしくなるようなら中止。あまりにも変化が見られなくても中止。という事での開始となりました。

これに伴い、血液検査の項目も多少増やしてもらうことにしました。
この治療に対しての経過観察をしないと意味がないし。
無駄に続けてもお嬢にはストレスになるので。(静脈注射なので、一定時間病院に預けないとできないのです;;)

守りたいのは、お嬢の病状を進行させないこと。
お嬢にストレスをかけすぎないこと。

そのうえで、少しでも改善が狙えるなら、チャレンジしてみたい、と判断しました。
結果はわかりません。
よく出るか、何も変わらないか。何か負担になる兆候が見られるか。
3つ目なら即中止です。2つ目なら少し様子をみて続けるかもですが。

今の主治医の先生も初めての治療になりますからね。
誰かが危険を感じれば、中止や変更はその時点で即判断。
やってみて、お嬢の体調がいいほうに反応すればラッキー。
そのくらいのつもりで取り組みます、と伝えたら、先生も安心してくださいました。
そこに縋るつもりはありませんからね。それは鍼治療も同じ考えです。

お嬢にストレスや負担は治療行為であるかぎり、絶対かかってしまう。
なら、少し今の負担が増えるかもしれないけど、多少の我慢で改善が望めるのであれば、チャレンジしてみる価値はあるかな、と。

ひどくなってしまえば、また、ずっと点滴をつなぎっぱなしで何日も入院、という事は十分にあり得る。
何も食べず、何も飲まず、どんどん元気がなくなって、動かなくて。
あんな辛い思いをできればもうさせたくないから。
家に居て、家から通ってできる事、それで少しでも改善できるなら・・・。

期待はね、やっぱりしますよ。
でもね、その治療に妄信的にはなりたくない。これはすべての治療に対して考えている事。

今のお嬢は食事ひとつとってもすぐに体調悪化につながる。
いつでもリスクと背中合わせです。
だから、できるだけリスクの高いことはしたくない。だけど、できることは試してみたい。
手作りごはんも含めて、すべてはその考えを基本として。

素人なんでね、解らないこと多いですよ。実際、今書いたことも正しく理解できているのか怪しいんじゃないかと思えたり(--;
でも、できるだけ情報は集めて、色々な方向から見るように。偏った考えや、凝り固まらないように。
複数の先生にかかっているのは、そこのストッパーの意味も大きいです。
私たちの家族の事なんでね、どうしても客観的に見れなくなることもある。
非常時は特に。
なので、危なかったらすぐ言ってください、と主治医の先生にはお願いしました(^^;

ぶっちゃけ、あまり医療行為には頼りたくないのは本音。
だって、お嬢絶対病院で処置されるの嫌だもん(;;。
それを強制させちゃってる今の状況は本当に嫌。でも、しないと今のお嬢はすぐ体調が悪化してしまう・・・。そして、このまま生活していても、治ることはないんです。
ならせめて、少ない負担でできることがあるなら、それでお嬢が少しでも元気になってくれるんなら、と思ってしまう。そのくらい実は手がないのが現実なんです。

少しでもお嬢が笑顔でいられるように。いつものお嬢でいられるように。
それだけを願って。

ちなみに、前回の血液検査でBUNが上がってしまい、それにやはり尻込みしてしまい、たんぱく量そのものはおろか、総給仕量も落としてしまったようで、体重は2.7キロに(TT)。食事の管理体制を見直していることもあって、配分を誤ったようです。
今の体制での適量を早くつかまなければ。

ホルモン注射は2回目。今のところお嬢の様子にこの治療に対する変化なし。ほっ。

もうすぐ退院して3か月。未だに生活を安定させる術を見いだせていないなんて、情けない;;。
お嬢に我慢を強要しちゃうんだから、がんばんないと!!

'17.9.17 の~んびり、日曜日。

f:id:akeyan:20170917230908j:plain

おいしそうです~。私もほしいです~。
さすがにそれはダメだねぇ;;冷えちゃうしさ(--;
お弁当あるから、それ食べよ?

台風通過予定だった今日は、地元やいえでのーんびり。
ところが、風は時折強く吹くものの、雨がなんだか降らなかったこともあり、夕方少しみんなでカフェへ。
お嬢のご飯の時間をはさんだので、お嬢はお弁当持ち。

お昼前後に少し買い物へ。その間お嬢はお留守番。
う~ん、やっぱり起きて待ってる感じだなー。
おりこうにはしてくれてるんだけど・・・。
やっぱり心配なのかなぁ(;;。
でも、たまにとはいえ、こういう事はあることなので、慣れてもらうしかないか;;
退院から約2ヶ月。かわいそうだし、心配だったりで、私とお嬢だけの時は一人で少し時間がかかりそうなお買い物はしないようにしてたけど、いつまでもそうも行かないしな~;;

買い物のメインは相方氏。色々と入り用だったり、昨日気になるものを見つけたりしていたので、それを買いに~。
そして、私も少しお買い物。
メインはドライヤー。
今のドライヤー私が使う分には問題無いけど、お嬢に使うとなかなか乾かせなくて、お嬢に負担が掛かってしまう(TT)
だけど、緊急時や体調があまり良くないときになかなかシャンプーには出せないし。
部分洗いでもドライUPまで1時間以上掛かっちゃうし。
全身シャンプーしたら、翌日私はぎっくり腰になっちゃったし(TT)

退院当初からこれはかなり悩んでいたんです。
で、先日、電気やさんのDMが届いて、それを眺めていたら「大風量ドライヤー」と書かれた物を発見。お?こんなのあるの?普通のと違うの?気になる!
というわけで、見てきました。

そもそも、ずっと気になっていたドライヤーがあって、実際どーなんだろー?と思ってたら、同じくくりで扱われていて、電源も入ってて試せた。ラッキー。
風量と温度がそれぞれ3段階づつ変えることが出来る物が2種類。
一つは気になっていたドライヤー。
二つを比べて悩む。ね、値段が全然違うんだよ~(@@;
でも、相方氏も比較に加わり、やはり高い方が風量もあって、大きさなんかを考慮してもやっぱり良いだろう、という事になり、大枚はたいてしまった(><)!
私だけなら絶対手を出さなかった値段ですけど、お嬢の為なら出せちゃう私達って;;

でも、実際、シャンプーってお嬢への体感温度の変化も大きくて、じっとしてもらう時間も長くなるからどうしても負担になってしまう。体力が落ちているお嬢にはやっぱり気になってしまう。
トリマーさんにお願いできればいいけれど、何せトラブルでシャンプーする事が頻繁で、急には頼めないし、夜中だったりするし(--;
これだけはどうしても自分の努力だけではどうにも出来なくて。
このお買い物で、少しでもお嬢の負担が減ることを祈るばかりです・・・。

お嬢は私達がいる間は一緒にいえでごろごろ。
今日もしっかりご飯を食べて。
気圧が下がっているのが気になったけど、お嬢の様子は変わりなさそうでほっとしました。

些細な事でも毎日の事で、元気だと気にならないけど、今の具合だとどんなことでも悪影響を及ぼしかねないので、出来る限り問題は改善出来るように。
それは入院してからずっと考えていること。
少しでもお嬢の負担が少なくなって、快適に過ごせるように。
便利グッズもあれば、工夫で出来る事もあるし、問題に対してのやり方は色々ですけどね。100均万歳な事もあるし(笑)
お嬢だけじゃなくて、私達もそれで負担が減るなら尚いいですしね(^^)

退院後、ただただ必死だった1ヶ月、少し日々が見えてきた2ヶ月。
これからこうして生活していくんですもんね。
お嬢も私達もなるべく軽減できる負担は改善して、少しでものんびり、楽しく過ごしていけるといいな、と思っています。

お嬢は血液検査の数値こそ変動があり、どきどきしますが、実は体調はここ2~3週間比較的安定しているように思います。
最近は、前足でねぇねぇ、と催促することも増えてきましたし、私達に文句のわんわん!もとても増えたし、声も元気になりました。退院後には無かった事でした。
そういう、元気な頃の様子が当たり前に戻って来ている事に、どれだけ安心するか。
ごはんが早く欲しくて部屋で必死でうろうろして。痛いだろう足を必死に使って。
調子が悪いと立ち上がる事さえ少なくなるのに。
そんな様子を、ありがたいなぁ、うれしいなぁ、と思う毎日です。
1日でも長く、この毎日を続ける為に。

お嬢、明日も元気にごはんちょうだい!してね(^^)

'17.9.14-16 新たなる挑戦。

f:id:akeyan:20170916231031j:plain

はやくかえろ?
うん、遅くなっちゃったよね。ごめんね。
本当は歩けると楽しかったんだろうけどね;;。

今週後半はバタバタでした。
14日はちょっと気になっていた先生に話しを聞きたくて、夜受診。
とはいえ、お嬢は一緒にいるだけで、話をするのも聞くのも私。
ごはんの事、お嬢の身体の事、色々考える中で出来る事が限られて居たので、何か手はないものか、と。
栄養学的にアプローチをかけてみることにしました。
でも、かかりつけ医の先生の協力も必要で。
出来る事からはじめて、相談することに。

15日は相方氏昼から半休をとってくれたので、鍼に夕方行ってきました。
初診に2時間もらいます、という先生で(色々話をしたりきいたり)、新患さんがいらっしゃいました。
お嬢の初診の際、他の患者さんも多くて、お嬢も色々お伝えしないといけないこと、見て頂かないといけないことが多かったので、要約した話しか聞いてなかったので、一緒に話も聞くことに(^^;
でも、いつもこちらでは色々勉強させて頂いています。

16日は朝から担当医の先生の所へ。
14日の話をして、病院側でしか出来ない処置をお願いできるかどうかを相談しました。一つはOK。一つは初めてのことなので少し時間をください、との事でした。
新しい治療の一つは実は5月頃にしていて、あまり効果が見られなかったもの。
薬を変えて、再度チャレンジすることに。
ただ、使い続けると抗体が出来てしまって効かなくなる物らしく、効果が出るだろう2~3週間を目処に投薬することになりました。
いつもの点滴にその分を追加で注射をしてもらって。
特に体調に変化なく、ごはんもしっかり食べれていたので、夕方はお嬢のお買い物へ。
お店ぎりぎりで間に合ってよかった(^^;
雨が降り出してはいたけど、なんとか風はそれほどでもなく、無事に帰って来れました。

週末から週頭にかけて、結構酷い咳をしたお嬢。
続くようなら投薬再開しないといけないか?と思ったら、週中から治まった・・・。
で、また今日出た(--;
鍼の先生には出たけど止まった話をしたら、今週末気をつけてみて、と。
現在台風接近中。気圧が下がると悪い所が腫れて症状が出たり酷くなるから、と。
あたってるよ;;
でも、週末のはなんだったんだ?って話だったんですけどね;;
急激な気温変化かなぁ?でもここ数日も冷えてきてるんだけど・・・。

私自身が気圧が下がると色々不調が出るタイプ。
これも似るかね、お嬢よ(TT)
あまり酷くなんないといいんだけどなー。

明日は台風が接近予報。
あった予定もこの関係で無くなったので、家族でのんびりごろごろするかな。
忙しかったしね。

ご飯はこの間もしっかり完食。
今日はさりげに1食多かったのですが、それでもすごい勢いで完食。
ほっとする。吐かない事を祈るばかり。

久しぶりに病院に走り回った数日間。
来週はのんびりしようね。