がんばるお嬢様。

愛犬の闘病記録。腎不全・膵炎・気管支炎・膝蓋骨脱臼・薬剤耐性菌など。手作り食でがんばってます!

18.6.19 病歴が増えています

f:id:akeyan:20180620001611j:image

嬢:ごはんの時は相手しませんよ。
いいですよ。しっかり食べてくださいな。

ごはんは相変わらず手作りでがんばってます。
作り方や与え方も変更なし。
材料はその時々で変わりはしますが、基本変わっていません。

18.6上旬 頻尿、頻尿から多少の血尿があり、検査の結果、細菌性膀胱炎
     抗生剤を使用開始するが、平行して、尿の培養検査(薬剤耐性の為)
18.6.11 痙攣発作(約2〜3分?)、発作が治まった後もそわそわ動こうとし、よだれが出続ける。
1時間後病院到着。血液検査で電解質バランスが崩れていることがわかる。
そのまま、疑われるアジソン病の検査を継続、結果は否定的のため、疑い薄い。
電解質バランスを平常値に戻すため、生理食塩水での点滴を毎日行う。
食事に塩分添加の指示(心臓負担考慮の為、0.2%前後)
16.6.14 点滴前(夜診受診のため、夕方前あたりから)にふるえやそわそわした行動になるため、点滴を1日2回、半量ずつに変更を勧められる。(この際、自宅点滴可能かの質問があり、一度行っていたので、自宅での点滴をすることを了承)
尿の培養検査の結果、薬剤耐性が見つかり、抗生剤を変更。
しかし、受診後から震え等がかなり続き、食後すぐ嘔吐。当日はそれ以降絶食。
16.6.15 前日の嘔吐が気になり、自宅点滴をせず、病院へ。血液検査の結果、CRP6以上。LIP600以上あるが、6〜700を維持していたので、膵炎の悪化が決定的とはいえず、膀胱炎からか、他からかも確定できず。
点滴2回で続行。この日は朝・夜吐き気どめの注射。
食事は全て完食、嘔吐なし。
16.6.17 前日の様子から、午前に受診、吐き気どめの処置はせず、点滴のみ。夜より自宅点滴。
18.6.18 血液検査の結果、LIP1000over、CRPは3台に降下。
副鼻腔炎の症状が進んでいるせいか、鼻水、くしゃみがひどくなり、ぐっすり眠れない様子。

この2週間ほどのお嬢の経過はこんな感じです。
痙攣発作は今の所1回。ごく小さな痙攣のようなものはあります(こちらは年初から出始めていました)
ごはんは朝が残すことはありますが、残したのは10日、11日に1回づつ。
全体量を変えずに、分配方法を変更して回数を5から7回に増やしています。
塩分は基本0.2%ですが、点滴前は0.3%にしています。(数値低下に対する対処)

このような状態で処置を継続していますが、まだ電解質のバランスが整いませんし、様子がおかしいことも出ています。
ごはんの回数を増やしたことも含めて、今はなかなか目が離せない状態です。
痙攣も、電解質バランスの不具合から来ているのか、別のものなのかも確定できていません。

腎不全、膵炎がある上に、点滴頻度も上がっていて生理食塩水の点滴なので、心雑音も出て来ているようです。
色々なことに留意しながら治療をしていただいていますが、全てを丸く収める方法はなく、ただただ、一日も早く、容体が安定し、お嬢がおだやかに過ごせることを祈るばかりです。

18.6.19 地震にはうとくとも、病にはそうはいかず。

f:id:akeyan:20180617222939j:image

嬢:おこさないでください。
はいはい、起こしませんよ。

昨日、18.6.18、大阪府北部で大きな地震がありました。
被災された皆様にはお見舞い申し上げます。
どうかどうか、これ以上被害が広がりませんように。
安心して過ごせる日々は一日も早く戻りますように。

我が家はありがたいことに、被害もなく過ごせています。
あ、相方氏はまともに通勤中でしたので、途中から歩く、会社はエレベーター止まっていて階段だわ、で大変だったようですが、それでも帰りはうまく電車が動いてくれて帰ってこれましたし、運はよかったようです。

お嬢の病院も通常通り診察を行なっていました。
夜診に相方氏と共に行く予定でしたので、相方氏がまず診察に間に合う時間に戻ってこれるのか、会社まで迎えにいかないといけないのか、など、一日気持ちは落ち着かない状態でしたが、大丈夫でした。

お嬢はというと。
あんなに揺れたのに、寝たまま。目を覚ますこともありませんでした;;
なので、地震があったことすら気がついていません。
私が一人で慌ててお嬢に駆け寄っておろおろしていたくらいでした(ーー;
まぁ、そのくらいの子ですので、助かりましたが。

しかし、実は新たに病歴が増えています。
今かなり不安定な状態で、今までより一層目が離せない状態になっています。
病気についてはまた別に記そうと思いますが、現在、毎日自宅を含めて1日2回の点滴と、投薬、食事を5回から7回にして対応しています。
先週は毎日病院に行っていましたが、点滴を自宅で対応するようにしたので、今週から一日置きの通院に戻りました。
毎回血液検査も欠かせません。

一番の急性期よりは改善していますが、まだ予断を許さず、他にも問題が出てきたり、治療自体が他への負担になるので、全体的に安定しないことには以前の生活に戻すことすらできません。

ですが、きっとお嬢は乗り切ってくれる、そう信じています。
私たちにできることは少ないですが、お嬢が少しでも楽になって、穏やかに過ごせるように。

と、大変な状況ではありますが、お嬢、ごはんはしっかり食べてくれています。
たまに残すことも出ていますが、本当にたまに、です。それが救いです。
平常時の表情、目の力もいつものものです。
波があるので、辛いときはやはりかなり心配なお顔になりますが、その時間が短くなって、なくなるように。

みんなで頑張ろう!

18.6.7 難しい季節です;;

f:id:akeyan:20180607163437j:image

買い物、いっぱいだね〜。
そうだね。あなたのシートね(ーー;

またも大変ご無沙汰しております;;;
ちょっと身辺バタバタし通しでして、落ち着かない日々です。
そろそろちょっと普通になってみたいんですけども、どうでしょうか;;

お嬢は、といいますと。
う〜ん、一見元気そうにはしていますが、数値がよろしくないです。
BUN,CRE,LIP,CRP,リンがとにかく変動しています。
CRPに関しては、一時期抗生剤も使用しましたが、2週間ほどかで結構下がったこともあり、すぐに止めてはいたのですが、また上がりつつありますね。
リンが特に高くて、ちょっとこれに対しては治療を検討しています。

そして、今週頭、前足左肘に真珠大ほどの水ぶくれ、頻尿が続く状態です。
水ぶくれに関しては、本当に水みたいで、検査結果も気になるものはなし。
頻尿に関しては、膀胱炎の疑いでしたが、採尿できず、持ち越し。
キットをもらってきたので、今日持っていく予定です。

お嬢は薬剤耐性が出ています。
膀胱炎の場合、抗生剤を使う可能性がありますが、適当に使うと、また効かない続きで大変なことになる;;;;
ので、
1、まず、尿検査で膀胱炎かを検査
2、膀胱炎なら、尿の培養検査を行って、効果のある抗生剤を見極める
というのが良さそうです。(主治医の先生からの指示)

バタバタしている要因のひとつなのですが、現在、お嬢は主治医の先生とは別の病院にも通っています。この辺りはまた後日いたしますが、そんなわけで、今までのお嬢の治療歴の詳細はざっくりお伝えしてあるくらいですので、色々と注意が必要だったり;;
でも、このままズルズルいくわけにはいかないので。

いつも春から夏にかけて、体調を崩しがちなお嬢。
今年もやっぱりか、な感じですが・・・。
うまく治りますように。

と、ちょっと不安な要素が多いのですが、お嬢、ごはんはしっかり完食です(笑)
うんちもなかなかいい具合です。
これがせめてもの救いです。

がんばれ、お嬢!

 

18.3.31 赤身つみれ

f:id:akeyan:20180331232420j:image

お嬢のごはん、相変わらず作ってますよ。
現在、タンパク原はほぼ魚。つみれを2種類で、1種類を赤身(血もの)を一種類作っています。
とはいえ、赤身の魚ってまぐろかかつおくらいしかないんですよね。
しかも生となるとこれまたさらになかなか入手困難で(ーー;

今回、丁度切れる頃合いで、どこでどう材料調達しようか、と悩んでいたところ、ふとみたチラシに「まぐろ解体ショー」の文字がっ!!これはチャンス!
夕方のイベントで、時間には間に合わず少し遅れて行ったら、あっという間になくなっちゃってて、柵2パック・・・。仕方ないのでそれを持ってうろうろしていたら、かま発見!しかも結構身が取れそうじゃないか!というので、柵をひとつ返却して、かまに交換。
できれば他の魚も混ぜたいなー、と見ていたら、自家製の生かつおたたきも発見。ネギが乗っていましたが、端だったので、そこはうまく避けて洗い流して。

結局、かまを小さじスプーンで必死で処理してみたら、予想以上に身が取れた。これだけで十分だったような;;;;
初めてやることだったので、実質量のイメージがつきにくかったかもですね。
おかげでしばらく赤身つみれは大丈夫そうです。

念のため、栄養素偏りを少しでも緩和するために、たらもまぜています。
とはいえ、さすがに赤身なのでタンパク量も多い。
1食分をタンパク量1gぐらいにできるように調整して作るようにしているので、今回は3.5から4gくらいで1個になるように調整。

フードプロセッサーでミンチにして混ぜてはかりで重量をはかりつつ、小分け。
あとは熱湯で火が通るまで茹でるだけ〜。

と、作業は簡単なんですが、かまから身を外す、小分けする、という作業がかなりの時間を要します(TT)

本当は、血合いが手にはいればいいのですが、私の生活圏で発見したことがありません。聞いたところは出さない、と言われてしまったし(;;。
そんなわけで、まぐろかかつお。それも手に入りにくい時は、1尾買って、血合いなどを混ぜ込む、なんかで対策しています。

カツオやまぐろは遠洋で採れるものが多いので、冷凍で運ばれることが大半ではないかと思います。(かつおはそうでもないですが、我が家近辺だとたたきになっていて、これも解凍がおおいのです;;)。
冷凍の際、保存のために添加物等が使われることが多いので、できれば避けたい。
ただ、結構難しいので、どうしても入手できない時は冷凍や養殖のものを利用することもあります。
ちなみに、養殖は、餌等があまり良くない、というような話を少し耳にしたこともあるので、こちらもできるだけ避けています。(詳しいことは専門ではないのでわかりませんが)
あ、でも、これらのこだわりはお嬢のごはんのみで、私たちは食べますけどね(^^;

一般のスーパーの鮮魚コーナーって、養殖の魚の取り扱いがほとんどなんですよね。
その日に釣れたものが出てくるところって本当にわずか。
なので、お嬢のごはんの材料仕入先は結構足を運んで目で見てチェックしています。

しかし、解体ショーはあまりないですよね、多分(ーー;
次どうするかなー;;;
またお店調査しとかなきゃ;;

'18.3.23 お嬢と一緒にオーソモレキュラー療法(分子栄養学)

f:id:akeyan:20180322215729j:image

お嬢の姿がありませんが(^^;
こちらは現在、お嬢が飲んでいるサプリメントです。
こちらは ドクターズサプリ と言われるもので、医師の指導下での服用が可能なサプリメントです。
一般に市販されているサプリメントなどより、栄養吸収が良かったり、含有率が高かったり、ある程度のデータが取られているものではあるようです。(聞きかじり程度の知識ですが;;)
ですので、もちろんこちらは分子栄養学的な見地から、獣医師さんに指示をいただいてサプリメントもそちらの病院からもらっています。
患者の様子と、血液検査の数値などを見て判断されています。

お嬢の場合、疾患に対する対処(食事制限等)などによる栄養素の不足のために進むだろう、筋肉の衰えや、少ない栄養素をいかに効率良く運んで吸収するか、というところにポイントを置いています。
食事制限に加え、お嬢は私が手作りのごはんを現在作っていることもあり、どうしても不足やバランスが崩れるだろうと思えたこともあり、こちらの先生に話しを伺いに行きました。

こちらの先生を伺う前にある程度HPを見たり、他にも調べていたこともありましたが、そのなかで初めて「オーソモレキュラー療法」というものを知りました。
ある程度は理解はできたかな?と思いましたし、まぁ、こちらの療法がどうとかいうことをしっかり理解せずとも、必要な問題点と対策方法や考え方などはもちろんわかりやすく先生が説明してくださいましたから、きちんと納得できた上でこちらも使用しているわけなんですが。

そこからも色々あったり、お嬢のごはんを手作りする上で素材の栄養素を調べたり、なんかをしていると、つながること、わかること、というのがさらにでてくるんですよね。

そんなお嬢のために必死になって調べてきたことが、今私の役にたちました;;

f:id:akeyan:20180322215741j:image

こちらは私が飲み始めたサプリメント(^^;
上にあるヘム鉄のボトルのみ他メーカーですが、下の二つはお嬢と同じメーカー;;
ちなみに上のボトルもメーカーこそ違いますが、医師の処方でいただいていますし、下の二つもそうです。
病院は違うのですが、漢方や栄養面から考えて、根本治療を、という病院に違う科ではありましたがかかることになりまして、このような処方が;;
一緒にある冊子は皮膚科でいただきました。(私はアトピーではないのですが、この冊子に色々と載っていたので、先生がくださいました)

血液検査は先に別の病院で受けていて、そちらの結果を持っていましたし、その結果を踏まえた上で、上のボトルのサプリメントの処方が出ましたので。
これらも全て伝えた上で、今日受診しました。今日の先生はオーソモレキュラー療法をされる方で、わかっていたので、出せるものは揃えて持って行きました。

お嬢の時もそうでしたが、血液検査の結果を下に、とても詳しく説明してくださいます。
血液検査の数値の見方なんて、全然わからなかったし、栄養の過不足の話しや、アミノ酸の話しなんかも昔は全くわからなかったのに、まぁお嬢のおかげで結構調べたり聞いたりしていたので、かなり初回にしては理解できたんじゃないかと(^^;

私自身の体調があまり良くない、という内容を先に書いていたのですが、根本的に対処していかないといけない問題なのはわかっていたんですが、でもどうすれば、というところでもあったんですね。
そもそもこういう治療法を用いてる先生がそれほどいないでしょうしね。

サプリメント自体は私は正直抵抗があるんです。
勧められて無理して飲んだりしたものも結構ありますが、気持ち悪くなったり、胃腸の具合が悪くなったりすることが多くて飲めなくなることがほとんど。
それに、効いてる、と実感したこともありませんでした。
ですが、きちんとこれにはこう対処したほうがいいから、じゃ、これを、という形できちんと私に合うように処方されるものであるのなら、やってみてもいいかな、と思えました。薬で悪くなったら対処、を繰り返すことを思えば、もし、やってうまく合えばめっけもの♪じゃないか、と。そう、お嬢の時と全く同じ考えで(^^;;

内科(本当は外科枠なんでしょうけど)な疾患もあるのですが、アトピーではないにしても、今かなりひどい皮膚疾患が出ているのは事実で、悪化の勢いがすごくて全然良くならなくて。こんなことは私は初めてですし、さすがにこのままではいけない、と、内科も皮膚科も必死で病院探しをして、とりあえずかかれそうかな?というところへ駆け込みました。
まぁ、二軒とも、根本は同じものだと言われましたし、私もそうだろうなぁ、とは思ってはいたんで、これらあたりを勧められるだろうなぁということも予想はできてもいましたし、あとは私自身が飲めるかどうか、だけの問題でしたから。

私は栄養学とかには無縁でした。
色々テレビでとか雑誌でとかの病気の特集なんかでこれにはこれがいいのかー、程度は聞きかじりしていましたけど、あくまでその程度。
けれど、理論的に説明してもらうと、いかに栄養が重要なのか、口に入るものが大切なのか、というのを痛感しました。
なので、お嬢のごはんにも私なりにそれらを踏まえた上で考えて作るようにしています。

お嬢や私は、病気になって初めてこういうことに向き合いました。
もっと早くに私がきちんと考えられていたら、今とは違ったかもしれません。
そう考えるとなんてバカだったんだろうと思いますが、それを知た今は、本当にお嬢に感謝しています。お嬢のことがなければ、私自身のこともこんなアプローチの選択はおそらく無かった。

お嬢が来てから、知ること、学ぶこと、本当にたくさんあります。
ずっとずっとそうして小さな身体で私に色々なことを教え続けてくれるんだと思います。
それに応えられているのかな?とはいつも思いはするのですが。

お嬢と一緒に私も治療、がんばります。

 

 

'18.3.17 やだなぁ;;

f:id:akeyan:20180317230426j:image

おいしそう・・・
うん、おいしかったよ。お嬢のじゃなかったんだけどね。
すごく恨めしそうな顔だよね、貰えないのわかっちゃったかな;;

暖かくなったり、寒くなったり、お天気荒れたり、花粉飛んだり。
この時期は体調を崩しやすくなりますよね。
私もこの時期花粉症を含め、体調崩しがちなんですが、お嬢もこのくらいから問題が出ること多いんです。
そして、案の定・・・。
リパーゼがここ一ヶ月ほど上がり続け、現在600超え;;
先週はクレアチニンが2.6;;
これらの数値は昨年でもかなり戻らないと出ていなかった数値です。

なんですが。
リパーゼと一緒に見るCRPは1.0前後で絶対治療しないと!っていう夏の緊急性ほどではなく、でも見過ごせない数値;;
クレアチニンも上がったものの、先日の検査では2くらいに下がっていて、BUNも少し上がったけど、70台。これならまぁいつものお嬢の数値の変動範囲なので、まぁ大丈夫かなぁ?と。

リパーゼの高値は膵炎の数値なので、炎症を抑えるための薬=抗生物質
薬剤耐性の出ているお嬢には色々と悩みどころ。
しかし、早いうちに対処できれば、という先生の考えにも納得できるし、抗生物質を使っていない期間も長くなってきていること、などもあり、とりあえず、一度試して見ることに。ただし、効かなかった場合、次々を変えていくのは耐性をつけてしまう可能性があるので、その時は考える、という事で、1週間。
試す薬はアモキシリンというものです。
さて、どうなるかなぁ?

食事は多少脂が多そう(といえ、脂軽減策はもちろんとっていた)な魚と野菜を煮たごはん(魚は鯖)は、中止。さわらとあじのものに変更して、脂質軽減もスープを数度こしていつもより注意して作り替えました。
あとのタンパク源は魚をつみれにして火が通るまで茹でるので、脂質はそもそもかなり落ちているはずだし、他は野菜や炭水化物なので、脂質軽減策は結構ぎりぎりの状態です。(手作りで動物性たんぱく質を入れた場合)
これで数値改善してくれるといいんだけどなー;;

と、心配なことをつらつらと書いてはいるのですが、お嬢の様子はかわりなく、ごはんの催促はすごいし、もちろん完食。
わーきゃーはしゃぐ元気もあります。
まぁ、ここ二日ほど通院等で動いていたので、さすがに疲れたようで今晩は爆睡していますけどね、早々に(^^;
こんな様子だったり、数値にしても並行して見る数値があまり悪くなってなかったり、でなかなか判断に悩むことが続いています。
腎臓や膵臓への負担、薬剤耐性菌の耐性の増加など、お嬢の場合出来るだけ最低限に薬の使用は抑えたいと思うものが多い反面、だからこそ、悪化が進む前になんとか軽減したい、という両極の悩みがついてまわるので、先生と一緒にいつも悩みながらの選択です。

薬、効いてくれますように!
この選択がいい方向へ導いてくれますように!!

'18.3.11 なんとかやっています(^^;。

f:id:akeyan:20180311234524j:plain

私にもおいしい、でますか?
う〜ん、ごはん食べたからねぇ、ないかな?

 

大変ご無沙汰してしまいました。
とても寒い冬ももうそろそろ終わりでしょうか?
花粉が飛び始め、私は辛い毎日を過ごしています(TT)

お嬢は、といいますと。
冬の間はある程度数値は安定傾向で過ごすことができました。
咳がひどくなったりすることもありましたが、続くことは少なくて。
安心していたのですが、ちょっと今、CREとLIPが上がっていて、気になるところです。
ですが、お嬢自身はしっかりご飯も食べて、よく寝ているし、様子を見ていると元気そうなんで、解りづらいです。
体重も、一時期2.5キロをマークしましたが、今は2.7~2.8キロくらいを維持できています。
食べているし、吐かないし、様子もあまり変わらないので、血液検査は欠かせませんが、今はまだ様子を見ている段階です。

 

今年に入り、早々に生活環境が変わりました。
色々模索中ではありますが、お嬢も新環境に慣れてくれつつあるようです。
ただ、それに伴って、問題も出てきているので、そのあたりを調整するべく現在動いている感じでしょうか。

実は、私自身の体調も昨年秋よりあまり良くなく、体調面での問題が複数出てきていて、さすがに病院で治療を受けないといけない状況になっています。
ただ、私自身のかかりつけ医が地元になく、お嬢の日々の生活を見ながら私が通院するのはかなり難しい状況でした。
そこをなんとか解決できないか、と今動いています。

 

お嬢は小さなわんこですし、我が家はお嬢だけです。
それでもやっぱりなかなか長時間目を離すことが難しい状況になると、人の身動きが取れなくなります。
協力をお願いできる身内や知り合いもなく、シッターさんなどもきてくれなくはないでしょうけれど、全く知らない方にお願いする勇気はありません。
身近に相談できる相手もない中では本当に大変です。
こうなることは想定していたとはいえ、予想以上に大変な毎日です。
そこを多少なりともなんとかできないか、と思っています。
なんとか私の体調をある程度まで整えないと、お嬢にも相方氏にも負担をかけてしまいすぎる。

 

そんなことで、バタバタしているので、ブログがなかなか更新できませんでした。
まぁ、まだ解決もしていないので、今しばらくはバタバタなんですが。

 

そんな中でも、お嬢のごはんはかわらず手作り。
今丁度切れどき(笑)で、せっせと作っています(^^;
今日は野菜スープの仕入れに行ってきました。
今の不調の原因がもしかしてごはんの素材の問題があるかも?と思えるところがあり、作り直したりもしています。
手作りはこういうときは変更がしやすいので助かりますね。

お嬢は、今の数値で言えば、食べない、吐く、というのが症状として出ても全く不思議ではない数値です。かかっている複数の先生にそれは言われていますし、また、この状況でしっかり食べて、吐かずに元気そうな様子で過ごしているのは何よりだ、と。
足の弱りや痩せが進んでいたり、排泄ミスなども多くなりつつありますが、それでもなんとか自力で立って、まだトイレや多少歩いたりもしています。
がんばってるお嬢をサポートするためにも、私もしっかり体調をたてなおさないと、と思います。

 

まだしばらく更新は頻繁には難しいかもしれないですが、また、お嬢の様子を書いていければ、と思います。

お嬢はがんばっています!
まだまだやりますよ♪