がんばるお嬢様。

我が家のお嬢様の奮闘記と我が家的わんこ感。

道具を使って、手間を減らす。そして、負担を減らして栄養に転嫁する。

f:id:akeyan:20170919001439j:plain

こちらはおかゆもどき(^^;
普通に炊いたごはんですが、粒のままだとお嬢食べないので;;
なら、ペーストにして混ぜたらどーよ??と、試してみたらいけたいけた♪
というわけで、こちらもストックを。

わんこは肉食。という考えと、長く人と寄り添う中で、雑食に対応できるようになった、という考えがあります。
けど、わんこは動物性たんぱく質が一番消化吸収が早いことは間違いないようです。

野菜などは、捕食した動物を食べる際、内臓等に捕食した動物が持っていたものを食べる際に同時に取得していた、という考えがあります。
なのでね、野菜なんかは消化された状態に近いほうが消化の負担は少ない、という考えがあって、ペースト状やジュース状にする事を選択の一つとしました。

これらの事から、炭水化物がわんこには不要だ(捕食動物が炭水化物の食物を摂取しなかっただろう、という事かな?)という考えがありました。
そして、そこも由来しているのか?炭水化物、特に穀物は消化に一番時間がかかる、とも。

元気なわんこさんはそれでOKなんですよ。やっぱりお肉って食いつきいいんですよねー(^^;。お嬢は他は咀嚼するのに、お肉だけは丸のみだったし(--;
お肉食べてれば、必要な栄養も基本とれるようにわんこはなっているんでね。
けど、今のお嬢はそのお肉や動物性たんぱく質は体調に悪影響を及ぼす。

腎不全は、たんぱく質を分解する際にでる排出物をうまく体外に排出できなくなって、血中に流出してしまい、それが毒素となって体内を巡ってしまう。
それを少しでも軽減するため、たんぱく制限という事を行います。
これね、たんぱくだけで、脂はOK。お肉の脂部分はたんぱく質少ないんですよ。
なので、腎不全だけならたんぱく量を管理しつつ、お肉やお魚の脂質の部分を摂取することは可能。

なんですが、お嬢は膵炎発症歴ありになってしまった。
膵炎は何より脂質が大敵。今はおそらく治まっているだろうけど、再発の危険はあるし、再発して、他の臓器に影響が出てしまうと一気に悪化してしまう可能性が高い。

というわけで、膵炎やっちゃうと、病院の先生の第一観察は膵炎になります。
注意ももちろん一番が膵炎。食事なども膵炎への対処が最優先。
なので、お嬢は脂質は極力抑えなければなりません。

こうなると、今のお嬢のカロリー源をどーするの?って話。
脂質の他でカロリーの高いものは糖質・炭水化物。
んじゃ、糖質は?果物とか?それは適量はいいんですけどね、誤ってとりすぎると結局腎臓への負担になり、悪化させてしまう可能性が。
というわけで、炭水化物が最後に残るわけです。

炭水化物にはたんぱく質や糖質が含まれています。
動物性たんぱく質以外からのたんぱく質は、吸収されにくく、毒素となってしまうものが多くなります。また、糖質も多くとりすぎると先の記述と同様、負担になる。
そして、消化・吸収・排出に時間がかかる。
となると、とらざるを得ないのであれば、できるだけ負担を減らすために少しづつに。

これは結局たんぱく質摂取も同じことなので、現在お嬢は日に4回の食事。5回にするかも検討中です。
なら、ちょっぴりづつでもそこで入れれば少しでもカロリー摂取できるはず。
そして、負担もちょっとは抑えられるはず。

そんなわけで、少しでも消化の負担を軽減できるように少しお湯を足してご飯をつぶして重湯風に。それを小分けにしてみました。今回は4g/個。
これをすべての食事に1つづつはさすがに負担かなー;;と思うので。
玄米をぽんせん状にしたものを砕いてお湯にひたしたものや、じゃがいもやサツマイモなどの芋系からのエネルギーと併用することにしました。

で。この作業。お嬢だと、少しでも結構できてしまいます。
少量のものは普通のミキサーやフードプロセッサーだとうまく細かくならなかったりペースト状にできなかったりするんですよ。羽が空回りしちゃうんです(TT)
ですのでね。

こちらをGETしてみました。
というか、退院直後お嬢が全く食べなくて、シリンジ強制給仕が必要かも、と思ったときに購入しました。

今、とてもこれに助けられています。
みじん切りもジュースやペーストにするのもあっという間。
お肉もミンチにすぐできちゃう!(赤身だけとかミンチだと買えないのでねぇ;;)
そして、少量でもちゃんとできる♪

パーツが結構あるので、それなりに嵩張ります、実は。
それでも日々の事なのでこれで時間が短縮できるのは大きい!
そして何より、パーツそのものも普通のジューサーやフードプロセッサーよりはるかに小さい(これでもね)ので、洗うのも楽なんですよ~。

なので、この重湯風も、炊いたごはんに少しお湯を足して、あっという間に出来上がり。小さなボールに入れてやってみましたが、飛び跳ねもなくて優秀でした~♪

そして、小分けするものに使っているのはシリコンのお菓子用の型。
製氷皿も使うんですが、結構外しにくいし、嵩張るんですよ(--;
これは凍ったら外せば嵩張らないし、外すのもシリコン素材で凍ったまま作業しても綺麗に外せました。きっちり型に納めなくても、少量を適当に入れてもうまく外せましたよ~。
こちらは100均(セ○ア)でみつけました。他のお店は何件か回りましたが、いいサイズが見つからず。

シリコン型は製菓道具としてはあるんですが、ちゃんとしたもの買うと結構お値段しちゃうんですよ;;;
まずは試してみたい、だと、なかなか手が出しづらい;;;
なので、100均で見つかるものは非常に助かるし、試しやすいのでありがたいです。
ケースの保管も割合小さくて薄いので、しやすいかな?と。

ごはん素材のストック方法は今本当にいろいろ試しています。
少しでも楽にできるように。だけど管理しやすいように。
続けるために。
そのためにはある程度道具を利用することは必要なことだと思っています。
出費はしちゃうんですけどね(^^;
でも、日々続けていくことですからね。

こんな、日々に我が家で活躍してくれている道具も、使い方などと一緒に記していけるといいかな?と思いました。

そしてこれからも色々試していきたいと思っています。