がんばるお嬢様。

愛犬の闘病記録。腎不全・膵炎・気管支炎・膝蓋骨脱臼・薬剤耐性菌など。手作り食でがんばってます!

'17.9.22-23 増えないなぁ;;

f:id:akeyan:20170924000457j:plain

おいしい、おねがいしま~す。
いや、ここではあなたの美味しいは出ないよ(^^;
良い香りはしてるけどね♪

この二日間はのんびり。
今日は通院日でしたが、いつもの点滴コース。
でも、体重が2.7キロ。増えない;;;
ごはんの管理の仕方が変わったせい、なんだろうなぁ;;;
もう少し強気で量だすべきかなぁ(--;

お嬢のごはん、今は
肉だんご・缶詰肉・ジャガイモ・サツマイモ&じゃがいも・おかゆ・玄米ぽんせん・野菜スープ・魚ご飯 でローテーションが多いです。タンパク量や出し方などでレトルトごはんもここへ登場。
そして、全てをグラム単位で小分けして、出すようにしています。

で。
魚ごはんだけは、以前の煮込みスタイルを維持していて、魚と野菜を煮込んで、スープごと製氷皿で。大きさを小さくして、たんぱく量は1g/個ぐらいかな?な感じにしています。
魚ご飯と肉団子以外はペーストやスープ状にして、小分けしていますが、これでなんとなくグラム管理はしやすくなったものの、今までの感覚ではなくなってしまったのか、ちょっと私が量を計りかねてる感じでしょうか(--;
タンパク量もちょっと気持ち少ない目になっているからなぁ。BUNは下がってるけど。
あと、5食にしたこともあるかも。
早くなれて、お嬢の体重をもう少し戻せるようにしたいなぁ。

色々考えて、少しずつ変えたり試したり。
で、この管理が数値変動に対応しやすいので行き着いた、感じでしょうか。
でも、私が対応出来ないとダメですね(--;

今日、血液検査の外注分で、先に出た分の報告を仮で受けたのですが、血液中の鉄は標準値どまんなかでした。なので、鉄の不足は無い状態だとのこと。
ヘマトクリットもじわじわ上げてきているし、腎臓と膵炎、炎症反応以外の数値が案外悪くないし、お嬢の様子も相変わらず安定している。
なので、担当医の先生から、手作り食があってるんですね、と言われました。
確かに良く食べているし、催促もあるし、お盆明けに吐いたのが最後で。

ペースト状のご飯を増やしはじめたのも、これ以降なので、それもよかったのかも?
とか、色々分析はしてみるものの、お嬢に聞けるわけも無く。
まぁ、体重がうまく安定させられないので、ここへのご飯量が明確につかめれば、ごはんの出し方はもっとやりやすくなるのかも。

血液検査の結果も受けて、ごはんはしばらく今の方法でやってみることに決めました。
ストックの種類は多くなったり少なくなったり多少するかもですが。
ローテーションもしやすいし。

以前、ドライフードについて書いたのですが、その時に、病状やその子に合わせて、色々チョイスして組み合わせが出来るようなものがあったらいいのに、みたいなことを書いた気がするのですが、それを手作りでやってみてる感じだなぁ?とか(^^;

10キロ前後を超えてくると、ごはんの量も随分増えるでしょうし、微々たる差の影響も受けにくくなるんでしょうけど、お嬢の体重だと、少しの差が大きな数値変動に繋がりかねないのでねぇ(TT)

ごはん作りは基本の管理方法は今のを継続しますが、そのための保存の効率化や、小分けの作業軽減方法をちょっと探ってみようかと思っています。
このあたりに時間を割いてる事が多いかな、と。
使用している容器なども平行して検討。試せるものを順次試して、何でするかも固定しないと~。

実は、先日ごはんをつくって、小分けにして、袋へ入れ替えて、とかしていると、なんだか工場で作ってるみたいだなぁ(^^;、とか思えてしまって。
大量といっても何ヶ月も持つ物でも無いんですけどねぇ(--;
使っているシリコンケースが今ハートとかかわいい物もあるので、できあがりがちょっと楽しかったりしたのもあって、そんな遊びをいれるのも作る側としては楽しいかも、とも思ったり。(お嬢はその形では見ないんですけど;;)

作る側が楽しめて、お嬢もおいしく食べられて、しかも元気でいられるごはん作り。
それを目指して、これからも研究だ~♪