がんばるお嬢様。

我が家のお嬢様の奮闘記と我が家的わんこ感。

本 ペットの自然療法事典

現在、お嬢の生活にまつわる全般的な所で、困ったときのお手当等を探すために利用しています。

内容的には、東洋医学やアロマ・ハーブ、レメディなどと幅広く、学ぶべき所が多い文献かと思います。
ただ、かなり専門的ではあるので、万人受けするかといえばそうでは無いでしょうね。
正直、お値段も書物としてはそこそこしますし(^^;

私自身がアロマやハーブを体調不良時の手当の一つとして日常的に選択していたり、鍼もかなりお世話になっていたりと、興味が強い分野であったこと、動物関係のこの種類の書物はまだそれほど数が多くないこと、などからこちらを選びました。

かなり対応範囲が広いので、今のお嬢でも参考になるものが多いことも選んだ1つ。

広い購入層を意識したものだと、使える範囲が狭い(病気やけがでも、日常にあるようなものくらい)ので、今のお嬢ではあまり参考になる情報がないんです(;;。

しかし、こちらを鵜呑みにして全て試すとか、そういう事は全くありません。
今受けている治療や投薬に影響が出ないもので、取り入れると良さそうな物をチョイスしている感じでしょうか。

この病気にこれ入れていいのかなぁ?的なものがあったりするんです。
そこにたどり着いている経緯や根拠がわかる場合は良いのですが、そこまで全てを網羅されてもいないので、私が現在持っている情報と照らし合わせて、使える部分だけを抜き出しています。

著者が海外の方なのですが、海外ではアロマやハーブが医療に取り入れられている所もありますし、そもそも動物医療そのものが考え方が多岐にわたっていると国内だけでも思うので、こういう事は国内の情報でも多分に感じられます。

ですので、情報の分別と取捨選択はかなり必要だと感じています。
が、私は単純におもしろい、と思って見る事が出来ているので、まぁいいのかな?と。

こちらが該当書物です。
私はアマゾンですが、中古で購入(^^;
読めれば多少の痛み等はOKなので(笑)
まぁ、この手の本は普通の実売の本屋さんではなかなか無いと思うので、中が確認出来ないのは結構ハラハラしますけどね~;;