がんばるお嬢様。

愛犬の闘病記録。腎不全・膵炎・気管支炎・膝蓋骨脱臼・薬剤耐性菌など。手作り食でがんばってます!

鶏スープストック 香草入り(ver.'17.10.20)

f:id:akeyan:20171023195552j:plain

今回は、そのままスープでも、煮込みを作るでも使えるスープストックを作ってみました。

<鶏スープストック>

材料:鶏手羽元3本・鶏手羽先3本・セロリ・ローズマリー・ローレル

作り方:鶏は身を開き、出来れば骨に切り込みを入れ、さっと水洗いします。
    沸騰したお湯に、処理した鶏を入れ、10~15分ほど煮ます。 
    煮た後、一度スープを濃します。
    漉したスープを鍋に戻して、セロリ・ローズマリー・ローレルを入れて沸騰
    せます。
    沸騰したら、再び鶏を入れ、弱火で2~3時間煮込みます。
    お好みのスープの濃さになれば、スープを2度キッチンペーパー等で漉します。
    スープが冷めたら、小分けし、冷凍します。

スープを数度漉すのは、脂質の軽減対策です。
鶏の骨に切り込みを入れるのは、骨の栄養やうまみを少しでもスープに出すためです。
特に味付け等はしていません。香草を入れることでかなりしっかり味がします。
ローズマリー・ローレルにはハーブとしての効用があります。

本当は、アク取り程度の濃しで残りは全て使いたいくらいなのですが、コラーゲン部分もタンパク質なので、お嬢の足には欲しいものの、このあたりも軽減しています。

香草類はスープを取った後は廃棄しますが、お肉部分は骨より離して人用に使う予定で、手で細かくさきながらほぐし、冷凍しました。
じっくり煮込んでいるのでとてもやわらかいです。
スープはもちろん人でも使えるので、こちらのお肉と一緒に人はスープとして味を調えればOKです♪

お肉のチョイスは特に考えていなくて、骨がある方がいいだろう、というだけでした。
手羽先のほうがこういうのには向いているんでしょうかねぇ?

今回の鶏肉は、肉団子材料が必要な事もあり、鶏肉専門店で購入。
かなりの種類があるので、とてもこういう時は助かります。

スープストックを作ろう、と考えたのは、もちろんそのままスープとして上げられる事もあったのですが、エネルギー源の候補に春雨や他の穀物も入っていて、スープで煮るとおいしいかな?と考えた所からでした。
ただ、このタイミングで、お嬢のご飯時の水分を見直す必要が発生し、単純に水分補給の為に、このスープを少し白湯でのばして上げることにも役立っています。
後は、水分補給を水でするのが問題ある場合も考慮して、ゼリー状にすることも加味したうえで、の事でした。

ハーブについては、ブーケガルニの発想で使いましたが、チョイスしたものは、手持ちで効能が今のお嬢にいいかと思うものでした。

※ハーブ療法は自己判断で行っています。ハーブにも副作用等はありますので、安易な考えでの利用はおすすめしません。

ローズマリー:抗菌・抗ウイルス、消化促進、抗酸化
ローレル  :抗菌・抗炎症、消化促進、鎮痛、鎮静

です。
元々、この二つはブーケガルニに使われる定番のハーブだとは思いますが、改めて調べてみると、今のお嬢にはありがたい内容でした。
スープとして煮だしているので、ハーブティーより抽出されるかとは思いますが、スープの一度の使用量が少量で、水やお湯で伸ばすと思われるので、強すぎる等は無いかとは思います。
ちなみに、ローズマリーは自家栽培のフレッシュで使いました。
ローレルは乾燥した後、冷凍庫保存しています。<こちらはフレッシュでいただいたものです。

今までも、お肉や魚の下ゆでのスープを残しておいたりはしていましたが、スープストックとしてははじめてきちんと作りました。
煮込み時間は、1時間だと超あっさり。透明度も高かったですが、3時間ほど煮込むと、かなり味もしっかりしていて、白濁しました。
煮込みですると味が濃縮されるので、濃さの調整がしやすくて使いやすいかも。

小分けは、お嬢の食事のスープとしての分を少しいつものシリコンケースに分けましたが、多めに作っているので、全てをこれで保存するのも結構大変;;
そして、全てを同じ利用方法で考えているわけでも無く。
ですので、残りは

f:id:akeyan:20171023234619j:plain

乱筆はご容赦を~;;
シール対応の袋を用意して、小分けしました。
440~450gを3袋。出来るだけ空気を抜いてシール。
(脱気は出来ないので、自己努力です(^^;)
2重に少しずらしてシールすると、安心でしょうか。

使用しているシーラーはこちら。
お手軽で便利です。
以前より使っていまよ~。

ちなみに、私はシール用の袋も、シーラーも、包装資材のシモジマさんで購入です。
通販ならcottaさんとかもありそうかも。

使い捨てでもそれほど気にならないし、この中から少し使って残り再保存、でもそこでシールし直すことが出来ます。(但し、解凍後の再冷凍は品質の劣化が伴うのでお勧めしません)

沢山を一つにして保存するとどうしても多すぎた、とかなりがちなので。
出来るだけ使い切れる単位で保存するのが良いかと。
ジップロック系も良いと思いますよ~。<ウチでは少し量が多くなるので;;

シール出来るタイプの袋は食品対応でかなり大きさに種類があるので、数を使う予定なら便利ですが、シモジマさんなどだと100枚単位ですのでご注意を(^^;

スープのみでもお嬢はなんとか飲んでくれました。ずっとは無理な可能性があるので、先に記述していますが、ちょっと他にも利用方法を考えている所です。

お嬢の身体に少しでも良い形でパワーの元となりますように。