がんばるお嬢様。

愛犬の闘病記録。腎不全・膵炎・痙攣・気管支炎・膝蓋骨脱臼・薬剤耐性菌・膀胱炎など。手作り療法食でがんばりました。

はとむぎ

f:id:akeyan:20171024143853j:plain

最近使い始めた食材、はとむぎ。
こちらは皮を取り、焙煎したもののようで、お茶としても、そのまま食べてもOKのようです。

f:id:akeyan:20171024143913j:plain

はとむぎは穀物の中でもタンパク質が豊富だそうなので、給餌量には注意が必要ですが、お嬢のご飯には、大さじ1弱程を2食に分けるくらいなので、それほど影響はないかと。

穀物なので、エネルギー源としての1つ。
そして、その効能に少し注目しました。

滋養強壮によい、と昔からされているそうで、栄養素も幅広いようですね。
ミネラルなども多いようなので、カリウムやリンの制限があるお嬢はこちらも注意が必要です。

<効能> 抗炎症、抗菌、抗ウイルス、免疫力UPなど

処理や形状、使用方法等はあるでしょうからなんとも言えませんが、このような効能が少しでも助けになるなら、と、取り入れてみました。

タンパク質やカリウム、リンが多い場合、多量摂取は出来ませんので(お嬢の場合)、
ごくわずかではありますが、エネルギーも補給できるし、と。

ただ、穀物であることに変わりは無いので、消化負担が気になる所。(結構かたいです)
こちらは焙煎されたものでそのまま食べる事が出来る状態ですから、粉砕すればどうか?とおもい、その日食べる分をすり鉢ですってご飯にプラスしています。
大量に粉砕するならミルミキサーがお勧めですね。

スープに入れて混ぜるとふやけるので、多少でも消化負担を減らせるかな?と。

焙煎しているものはとても香りが良いので、お嬢の食いつきも良いような気がします。
玄米ぽんせんがそのひとつ。

お嬢の身体に良い作用がありますように♪