がんばるお嬢様。

愛犬の闘病記録。腎不全・膵炎・痙攣・気管支炎・膝蓋骨脱臼・薬剤耐性菌・膀胱炎など。手作り療法食でがんばりました。

'17.11.2-3 一難去ってまた一難。

f:id:akeyan:20171104100801j:plain

とぉさんと一緒ですー。
そこ好きだよね(笑)
のぞきやすいのかな?

2日は連休初日でしたが、我が家は通常運転。
お嬢の病院へ。

血液検査をして、点滴。

CRPがここ何ヶ月も見た事が無いような数字まで下がって、逆にびっくり(・・!
0.9になっていました。1を切るなんてなかったような・・・。
抗炎症剤、ちゃんと効くとこうなるんですね・・・。
おかげで、副鼻腔炎に関しては、まだ多少くしゃみや咳、鼻水もありますが、ほぼ落ち着きを取り戻したように感じています。

ただ、CREがずっと上がり続けていて、今回チェックをかけた所では、リンもかなり上がっていて(--;

CREは、筋肉からでる老廃物(毒素)の数値のようで、筋肉量が少ないと、動くものの量が少ないから、老廃物の量もそれほど多くはないので、それほど上がるものでは無いそう。
お嬢は後肢がかなり弱っていて、明らかに筋肉の量は減っています。
その中でCREが上がり、リンも上がっている、というのは、腎機能が下がってきているのだろう、との先生の見解でした(TT)。
正直、結構ショックでした;;。

現在、お嬢は吸着剤はカリナールを利用していますが、他に併用、または違うものに変更する等の相談もしましたが、ネフガードは炭で結構吸着するものが多いので、効果はあるかもしれないけど、他のものまで吸着するかも。
他の吸着剤に変える(私がちょっと調べたもの)というのも聞きましたが、まだ国内の病院で正規の取り扱いが無いため、効果の確実性がわからない、ということもあり、ひとまずはカリナールで対応。
ただ、現在、日に2回にしていたので、日に3回に振り分けることにしました。

元々、カリナール等吸着剤の投与タイミングに関しては、相方氏が全食事のタイミングじゃなくていいものなのか?という疑問はあったようで、食べるときにあげる、のほうがいいのでは?と言っていたのです。(食べたものを消化した際に出るものに対して効果が出るものなので)。
一応、1日の中で必要量が取れれば、どのような形でもかまわない、という事だったんですけど、このあたりの与え方に対する効果ってどんなもんなんだろう?

回数を2回にしていたのには少し理由があって、投薬している時、特に今は朝晩に抗炎症剤を投薬しています。
こんな風に、投薬する場合は吸着剤のタイミングをずらすようにしています。
なので、1回目と5回目の食事はカリナールなしで、抗炎症剤を投薬する、というのがタイミング的にやりやすかったんですけどね。
このあたりも、ネフガードは結構投薬があるときは指示があったんですが、ネフガードはそんなに意識しなくていいのか、やっぱり気にした方がいいのか、わからないまま、ネフガードと同じ感覚でやっています。

先生から、カリナールとネフガードの併用の提案はあったのですが、ネフガードがカリナールの要素を吸着しないか?と聞くと、わからないみたいでしたね;;;
このあたりは先生も調べてくれているかもしれませんが・・・。

今回の検査、実は上がっているのはCREとリンだけで、他は大丈夫だったんです。
BUNも50台。今のお嬢にすると悪くない数字だったりします。
アルブミンが30、ヘマトクリットも35まで上がって来ていて、栄養バランスも貧血も改善されています。(良い数字、とまでは言い切れませんが)
それを考えると、ネフガードのように色々吸着しちゃうタイプは、折角それなりに取れているバランスを崩しかねないんじゃないか、という不安があるんですよねぇ;;
先生もそこはさすがに気になったみたいで・・・。
なので、結局ネフガード継続で回数を変えて様子を見ることになったんです。
うまくいくといいんだけど・・・。

実は、このほかに、体重も2.5キロに下がってしまいました。
過去最低体重です(TT)。筋肉量が減ってきているんでしょうね、多分。
だって食べてるし・・・。
炭水化物は増やしているけど、タンパク量は増やせないので、やっぱりじわじわ下降してしまうんですね・・・。

今、たんぱく源は動物性のものとしていますが。
植物性(豆類)などもやはり検討したほうがいいのか・・・。
でも、吸収が悪くて廃棄物が多くなる=BUNが上がる、という事で、鍼の先生には止められているのですが、栄養医学の先生や、他の著書を見ると、植物性のものを積極的に取り入れるように、との事も見聞きしていて、かなり悩んでいます。

後、栄養医学の先生のブログを拝見していたら、お肉関係だとBUNが上がる子がいて、お魚関係でタンパクを取るように、という記事も先日あって。
そこは消化負担なんかの事もあって、魚も結構取り入れてはいたんですが。(1日の半分くらい)
貧血の問題があって、お肉系から取るのが素材としては入手しやすかったんで、お肉も使っていましたが、ちょっと色々と考えなおして見る必要があるのかもしれません。

今回副鼻腔炎を起こしている薬剤耐性菌に関しても、今後も問題は継続しますし。
なかなか一朝一夕にはいかないですね(;;。

でもでも、お嬢が元気ですよ。
よく寝て、よく食べて、良く催促しています(^^;
これを続けていけもらえるように、なんとか良いところを見つけたいです。