がんばるお嬢様。

愛犬の闘病記録。腎不全・膵炎・痙攣・気管支炎・膝蓋骨脱臼・薬剤耐性菌・膀胱炎など。手作り療法食でがんばりました。

'18.3.17 やだなぁ;;

f:id:akeyan:20180317230426j:image

おいしそう・・・
うん、おいしかったよ。お嬢のじゃなかったんだけどね。
すごく恨めしそうな顔だよね、貰えないのわかっちゃったかな;;

暖かくなったり、寒くなったり、お天気荒れたり、花粉飛んだり。
この時期は体調を崩しやすくなりますよね。
私もこの時期花粉症を含め、体調崩しがちなんですが、お嬢もこのくらいから問題が出ること多いんです。
そして、案の定・・・。
リパーゼがここ一ヶ月ほど上がり続け、現在600超え;;
先週はクレアチニンが2.6;;
これらの数値は昨年でもかなり戻らないと出ていなかった数値です。

なんですが。
リパーゼと一緒に見るCRPは1.0前後で絶対治療しないと!っていう夏の緊急性ほどではなく、でも見過ごせない数値;;
クレアチニンも上がったものの、先日の検査では2くらいに下がっていて、BUNも少し上がったけど、70台。これならまぁいつものお嬢の数値の変動範囲なので、まぁ大丈夫かなぁ?と。

リパーゼの高値は膵炎の数値なので、炎症を抑えるための薬=抗生物質
薬剤耐性の出ているお嬢には色々と悩みどころ。
しかし、早いうちに対処できれば、という先生の考えにも納得できるし、抗生物質を使っていない期間も長くなってきていること、などもあり、とりあえず、一度試して見ることに。ただし、効かなかった場合、次々を変えていくのは耐性をつけてしまう可能性があるので、その時は考える、という事で、1週間。
試す薬はアモキシリンというものです。
さて、どうなるかなぁ?

食事は多少脂が多そう(といえ、脂軽減策はもちろんとっていた)な魚と野菜を煮たごはん(魚は鯖)は、中止。さわらとあじのものに変更して、脂質軽減もスープを数度こしていつもより注意して作り替えました。
あとのタンパク源は魚をつみれにして火が通るまで茹でるので、脂質はそもそもかなり落ちているはずだし、他は野菜や炭水化物なので、脂質軽減策は結構ぎりぎりの状態です。(手作りで動物性たんぱく質を入れた場合)
これで数値改善してくれるといいんだけどなー;;

と、心配なことをつらつらと書いてはいるのですが、お嬢の様子はかわりなく、ごはんの催促はすごいし、もちろん完食。
わーきゃーはしゃぐ元気もあります。
まぁ、ここ二日ほど通院等で動いていたので、さすがに疲れたようで今晩は爆睡していますけどね、早々に(^^;
こんな様子だったり、数値にしても並行して見る数値があまり悪くなってなかったり、でなかなか判断に悩むことが続いています。
腎臓や膵臓への負担、薬剤耐性菌の耐性の増加など、お嬢の場合出来るだけ最低限に薬の使用は抑えたいと思うものが多い反面、だからこそ、悪化が進む前になんとか軽減したい、という両極の悩みがついてまわるので、先生と一緒にいつも悩みながらの選択です。

薬、効いてくれますように!
この選択がいい方向へ導いてくれますように!!